私の人生は私のもの

いつか幸せを掴みたい

日本で行方不明だったウガンダの選手について

大阪の泉佐野市で事前合宿をしていた

ウガンダ共和国の選手団の一人が行方不明になってたようですね。

昨日、三重県四日市市で見つかったみたいですが。

オリンピックの代表から外れて母国へ帰る予定だったみたいです。

彼はこのような書き置きを残していたようです。

ウガンダにいる妻と子どものために日本で働きたい。

 荷物も家族に送って欲しい」

ウガンダ共和国という国の実情は分かりませんが、

少し検索してみると

「東アフリカの赤道上にある内陸国で、世界で最も貧しい国のひとつ」

と出てきました。

もしかしたら家族と相談して出発前から

日本に残ることを決めていたのかもしれませんね。

基本的な生活必需品を賄うために苦労しているようです。

日本で暮らしていたら実感が沸かないかもしれませんが、

このような国が世界には沢山あるのが事実です。

もし私が彼と同じ立場だったら、

多少の危険をおかしても日本に残りたいと思うかもしれない。

日本での危険とウガンダの危険ではかなり違いがあるのでしょう。

 

そんなに甘くはないと思いますが、

正式な手順をふんで日本で働けるようになるといいなと思います。

難民をどんどん受け入れるのは良くないとは思いますが、

真面目に働く意思があり、

犯罪に手を染めなければ良いかなと思います。

もし犯罪を犯すことがあれば、

強制送還するという条件は必要だと思いますが。

この問題には色んな意見があると思いますし、

簡単には答えは出ない問題ですが、

移民や難民の受け入れについては、

人口減少が続く日本でも考えなければならない問題ですね。


スポンサーリンク